子どもがキレるのはなぜ?

未分類

まず相手に伝えなければいけないことは?

 

こんにちは 「親子関係修復屋さん」の原田です

あなたは子どもとの会話の中で、こんなお悩みはありませんか?

「ちゃんとしなさいよ!」
「わかってるよ、うるさいなぁ!」
子どものことを大切に思うあまり言っているのに・・・
「どうしてわかってもらえないんだろう」

ところが
相手を大切に思う気持ちが強ければ強いほど
子どもの望まない対応をしてしまって
子どもとの距離がどんどん離れてしまう

どこでボタンを掛け違えてしまったのか・・

子供の将来のことを考えて
一般論や正論を言ってしまう

ところが、うまくいかないことがあって落ち込んでいるとき
子どもにとって
「何をどうすべき」というような正論をぶつけられても
受け入れられる余裕なんてないんです
言い返すこともできないんです

そこで、子どもは
キレるしかないのです

何を伝えれば子どもの気持ちが落ち着くのか

正論をぶつける前に
アドバイスを与える前に

落ち込んでいる子供の気持ちを聴いたことはありますか?

親が最初にしてあげることは「気持ちを聴いてあげること」です

なぜなら、ちょっと思い出してください
きっとあなたにも
こんな経験があるのではないでしょうか

うまくいかなかったときに
「そういう時はね、こうするべきだったんだよ!!」
という相手に
「そんな答えが欲しかったんじゃない
わたしは、気持ちをわかってほしかっただけなのに」

そうです
まず最初にすることは
今落ち込んでいる相手が
「どんな気持ちでいるか」を思いやってあげること

その気持ちを共感して
子どもの声に耳を傾ける心の余裕を持つことです

これまでに同じような体験をして
親にも反発してきたあなたなら
きっと、子どもの気持ちもわかってあげられるはずです
まず、あなたから変わってみましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました